SSDの寿命はどのくらい?あるなら何年くらい?

HDDはクラッシュしたら壊れますが、SSDはずっと使い続けることが出来るのでしょうか?

 

それとも使い続けると寿命が来てしまうのでしょうか。

現在の単価下落を考えれば十分実用的な寿命

フラッシュメモリーを使用したSSDは、HDDのように物理的に動く部品がない。とはいえSSDも長年使い続けると徐々に劣化を起こし、最後はデータの読み書きが性格にできなくなってくるSSDの内部ではNAND型フラッシュメモリーのセルにデータを記録し蓄積しています。ここで問題となるのが自然放電とセルの劣化となります。

 

セルの内部にある電子は全煙幕で囲まれて保護されていますが、3〜5年程度経過すると自然放電で少しずつ漏れ出します。漏れ出した電子の量がまとまった量になると、記録してあるデータが変わってしまう「データ化け」を起こします。これを防ぐには、データの消去・再書き込みを行い電子を再注入する必要があります。従ってSSDは数10年に渡るデータの長期保存には適しません。

 

電子の漏れ出しは「トンネル環化膜」が劣化すると増えてくる。フラッシュメモリーでは、データの書き込みや消去時に電子が本来出入りできない浮遊ゲートに電子を注入したり、逆に放出したりします。この際、トンネル酸化膜を突き破るためトンネル酸化膜に微細な傷ができます。この操作を何度も繰り返すと、浮遊ゲート周辺のトンネル酸化膜が少しずつ劣化します。このため、個々のメモリーセルの書き換え回数には制限があり、一般にSLCが5万〜10万回、MLCが3000〜1万回程度とされています。何も対策を施さずにそのままデータの書き換えを続けていると、あっという間に寿命を迎えます。

 

そこでSSDでは「ウェアレベリング」と呼ばれる仕組みを導入して個々のメモリーセルの寿命を延ばす工夫をしています。それは小さなデータ単位での書き換え時に特定の箇所を過度に書き換えないようにする「ダイナミックウエアレベリング」と、書き換え頻度の高いエリアと低いエリアを入れ替える「スタティックウエアレベリング」です。

 

こうしたウエアレベリング技術を通じてメモリーセルをできる限り何度も書き換えないように配慮することで、ドライブ全体としてのSSDは、個人ユーザーなら少なくとも5年以上の寿命は確保されています。現行のパソコン市場では5年前のストレージでは寿命の前に容量などの面で実用性の価値が失われます。そう考えると、現行の買い替えサイクルや容量増、単価の下落を考慮して「少なくとも5年以上」の寿命で十分と言えるのではないでしょうか。

パソコン工房の売れ筋SSDランキング

CT250BX100SSD1

CT250BX100SSD1の特徴

Micron製 16nm MLCチップ採用、BX100シリーズ Silicon Motion製SM2246ENコントローラー搭載 SATA 6G対応 2.5インチ 7mm厚 SSD

価格 評価 備考
10,120円 評価5 送料無料でお届けします!
CT250BX100SSD1の総評

パソコン工房で最も人気のSSD。約1万円という価格ながら250GBと大容量。これだけの容量があればOSに色々なソフトをインストールしても快適に動きます。HDDからの換装やSSDがクラッシュして買い換える場合に最適です。

SDSSDA-240G-J25C

SDSSDA-240G-J25Cの特徴

MTBF175万時間、コストパフォーマンスの高いサンディスク SSDプラスシリーズ 240GBモデル

価格 評価 備考
9,157円 評価4.5 比較的在庫あります!(要確認)
SDSSDA-240G-J25Cの総評

SanDiskはパソコンの部品メーカーとしては老舗で有名なメーカーです。1万円を切る価格で購入しやすく240GBと容量もたっぷりです。コストパフォーマンスに優れておりSSDのグレードアップを狙う方にも最適です。

SDSSDA-120G-J25C

SDSSDA-120G-J25Cの特徴

MTBF175万時間、コストパフォーマンスの高いサンディスク SSDプラスシリーズ 120GBモデル

価格 評価 備考
5,259円 評価3.5 比較的在庫あります!(要確認)
SDSSDA-120G-J25Cの総評

SSDはここまで安くなった!という象徴的なSSDです。信頼のサンディスク製でクラッシュなどへの耐久性も高く圧倒的な低価格が特徴です。起動速度が遅くなってしまったが容量はそんなに求めない・・・という場合におすすめです。